TestArchitect(コードを書かない自動化ツール)

コードを書かずに自動化しませんか?

TestArchitect – テストチームのための自動化推進ツール

TestArchitectを使い、書くべき自動化コードを減らし、効率のより自動化テストをしませんか。
「アクション」というのはシンプルな文字で表現できますが、それは強固な意味をもっており、ビジネスの意味や、様々なドメイン固有の意味であり、文章であり、多くのステップの自動化テストであったりし、様々なものを含みます。と説明しただけだと「アクション」についての理解は難しいかもしれませんので、少し実例を交えて説明します。

アクション内の豊富な機能

  • ユーザーが定義するアクションは再利用可能であり、他のユーザも使うことができチーム内で自動化コードの再利用率を上げることができます。
  • プラットフォームに依存しないアクションが定義できます
  • GUIオブジェクトの立ち上がり時間が遅い場合には自動的に待機する機能を追加できます。
  • ワイルドカードや大文字と小文字を区別したサポート。

TestArchitectでは、なぜ変更の際の影響を最小限にかつ、簡単にできるのですか。

アプリケーションの開発、変更、展開はこれまで以上に速くなりました。変化する市場に迅速かつ効果的に対応できるようにする必要があります。TestArchitectはこれらの変更を受け入れ、簡単に適応させます

変更は限定的ですばやく可能です

UIの変更に対して大幅なテストスクリプトの変更は必要ありません

「インタフェース振る舞い」と「アクション」は、1対1で定義され論理名がつけられます。もちろんその論理名は自動化スクリプトで使われます。この仕組を利用することにより、もしアクションに小さな変更が加わったとしても、多量の自動化スクリプトを変更する必要はありません。

 

Excelの表のようなテストエディタは、これらの「アクション」ベースのスクリプトを変更するのを容易にします。

—————————————————————————

TestArchitectを使用したスクリプトを作成しないテスト自動化

 

上流テストへのシフト

アジャイルプロジェクトでは、テスト自動化をいかに迅速に行うかが重要です。LogiGearは、ソフトウェアのライフサイクルの上流にテストをシフトし、同じ開発プロセス内で自動化を実行できる環境を提供します。

  • テストモジュールの開発
  • インタフェースマッピングの設計/再利用/再利用
  • アクションの設計/再利用
  • テスト実行
     
—————————————————————————
 

なぜロジギアを選ぶのですか?私たちはお客様と一緒に以下のものを提供できます

  • 自動化テスト網羅率80%以上を達成する。
  • テスト自動化の対投資効果を数週間で実感できます。
  • 回帰テスト時間の70%以上を削減できます
  • 自動化テストを早期に導入し、また開発終了と同時に自動化テストを終了することができます。
  • 1つのテストスクリプトはもちろんプラットフォームやハードウェア構成に依存せず走らせることができます。

     

ロジギアの強み

ロジギアは20年以上にわたって複雑なテスト自動化プロジェクトを提供してきました。私たちはテスト自動化の経験が豊富で、テスト自動化の旅であなたの指針となります。

更に詳しい資料のダウンロード