画像の比較はOpenCVに入っているSIFTという技術を使う。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: matcher_result1.jpeg

画像の比較はOpenCVに入っているSIFTという技術を使う。基本的にはこの技術の詳細を知る必要はなく、自動化テストでは使えればいい話なので、細かい説明は省くが、ビットマップでの比較ではビットとビットで比較しているが、SIFTでは特徴点で比較する。特徴点とは特徴のある点なのだが、いわゆる角の部分や色が大きく変化する部分が特徴点になる。その特徴点の数や、その座標をSIFTが出してくれるので、どのくらいの誤差を許容して、2つの画像が等価かを判断する。なので比較するという行為とどこまで誤差を許容するかを決めないといけない。
例えば←の図では文字周りでの特徴点を抽出している。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Screen-Shot-2021-08-07-at-10.14.56.png
  • 投稿
  • ブロック

ブロックが選択されていません。公開パネルを開く

  • 文書