githubベースの単体テストケース管理ツール

 

 

Agileで品質を担保するには、上流でのテストしかない。また最近良く問われるのが

 

 

 

上流での品質はどういうふうに定量的に計測するのですか?

その回答は一概には言えず、その組織・会社の開発スタイルを見ながら計測していくとして回答ができないのだが、あきらかに言えるのは単体テスト数versus開発コード量、コード網羅だろう。そういった上流テストの基礎的なメトリックスを計測する上でも単体テストケース管理はとても重要になってくるはずだ。

そういった単体テストメトリクスは、エンジニアとしてではなくマネージャとして知りたい。もちろん単体テストコードもどんなスクリプトが書けているのかみたい。しかし世の中の有料&無料ツールをググってみても見つからない。
同じ苦労をしている人を探してみたが、以下の人だけだった。みなさんどうやって単体テストを管理しているのでしょうか?

そもそもなぜgithubベースの単体テストケース管理が必要なのか

  1. Excelは絶対使いたくない、Excelは表計算のツールであってエンジニアのツールではない。
  2. 他のテストケース管理ツール(TestRail等々)との連携も考えたが、テストケース・テストスクリプトは同じツールにしたい。緊密に関わった情報を別のツールで管理したくない

という前提のもとでツールに求める要求は

  1. テストケースを書く場合はgithubのmarkdownのフォーマットにする(定形化)
  2. テストスクリプトはgithubにソースとして保存
  3. テスト結果が、個別にgithubでわかる(テストケースを書いたところにPASS/Failがわかる)
  4. 全体のテストケースの実行やPass/Fail状況がgithubで確認できる。

というのを今後実装していく予定です。

(続く)ソースは今後ここで公開する予定です


– 参考資料
TestRailと連携させテストケースをGitHubで管理してみた