Overview

基本編

日本の自動化のプロジェクトの90%以上は失敗に終わります、逆にアメリカはどうでしょうか?ほとんどが成功し、毎年自動化でのテスト網羅率があがっていきます。いくつか大きな原因はあります。
  • UIをなぞるだけの操作を自動化テストとし、上流の単体テスト自体をしない、もしくは上流の単体テストを自動化しない。
  • 自動化の専門要員を抱えず、人が余ってるから・予算があまってるからという理由で数年のの品質改善のロードマップを考えず単発的に自動化を取り組む。
  • システムテストのコスト削減のみ追い、早期バグ発見による品質向上、自動化による品質向上によるプロジェクト全体の品質向上とプロジェクト全体コストの削減を考えない
等々大きな潜在的な問題を抱えています。まずは自動化のプロに相談するのはどうでしょうか?多くの失敗を経験した私達がお客様の失敗の回避のヒントを出せるかもしれません。

Android/iPhone編

Android/iPhoneのアプリの自動化は難しい領域の一つです、Appiumを使って自動化を様々な携帯を1つのスクリプトで自動化テストするというのが理想かもしれません。しかしあなたの作ったAppiumスクリプトはAndroidでは動くかもしれませんが、iPhoneでは動かないかもしれません。Android/iPhoneのシステムテスト工程での自動化は慎重に計画をし、初めから多くのテストを望まないのがよいでしょう。弊社ではネスレ案件を初め、様々な自動化テストの経験があり、効率的なAndroid/iOSの自動化テストを提案できます。 逆に開発者テストの自動化はAndroid Studio等々の自動化ツールが揃っているので、取り組んでも必ず良い結果がもらたらされる領域です。アーキテクチャーを担保しながら、品質とテスト網羅率をあげるこが可能です。

SAP編

SAPの導入コストは思ってたりより膨大ではないですか?

月1000円で使えるMicrosoft Officeがあるのに、なぜこのような高価なシステムになっているか不思議だと思いませんか?当然スケーラーブルで信頼性の高いシステムは高価になってしまいますし、業務分析の知識の必要なコンサルタント費用が高いことはしょうがないです。しかし、コーディング・テストの部分だけでも安価にすることを検討しませんか?LogiGearジャパンではPasonaテックと協業し、テストの自動化とオフショアを組み合わせた最適ソリューションをお客様に提供いたします。 LogiGearジャパンの研究開発部門にいた弊社社長が親身をもって御社SAPビジネスに貢献します。 パソナテック

回帰テスト編