SAPビジネスプロセスとSAPアプリケーションのためのコードレステスト自動化

アクションベースのテストを搭載したTestArchitectは、SAPビジネスプロセスおよびSAPアプリケーションに最適なテスト自動化フレームワークです。 SAPテストのサポートを可能にした市場で数少ないテスト自動化フレームワークの1つです。

TestArchitectは次のことを可能にします。

  • 組織が日々の業務で依存している重要なSAPビジネスプロセスが完璧に行われるようにします。
  • すべてのSAPビジネスプロセス、SAPアプリケーション、SAPテクノロジ、および複数のデバイスにわたる自動化範囲を拡大します。
  • SAPの自動化実装を行う場合の予算とスケジュールの超過を避けることができます。

TestArchitectのユニークな点は、使いやすいスプレッドシートIDEでキーワードをすばやく使用してビジネスロジックをテストするテスト担当者がより多くのテストを作成できるようにすることです。要は特別な言語を使った開発を必要としません。 この機能に加えて、これらの自動テストスクリプトは長期の保守も低コストで可能です。

コアフィロソフィー

複雑なビジネスプロセスやアプリケーションのテストが、広範なドメイン知識を持つビジネスシナリオをテストする担当者に大きく依存している環境では、TestArchitectは最も生産的なツールとして際立っています。 これは、TestArchitectが具体化しているコアテストフィロソフィーのおかげです。

“自動化の生産性は多くの場合テスト設計の課題によるものであり、
ツール自体の技術的な課題ではありません。”

これは、ソフトウェアテスト業界における20年以上の実践から生まれたシンプルでありながら強力なアイデアです。 このフィロソフィーを念頭に置いて、TestArchitectは、ビジネスシナリオをテストする担当者がプログラミングスキルなどの技術的な障害なしにテストを迅速に設計できるように設計されました。

SAPテクノロジの幅広い範囲

TestArchitectは、幅広いSAPテクノロジと製品をサポートしています。

TestArchitectがSAPアプリケーションのテストの課題を克服するのにどのように役立ちますか?

課題
TestArchitectソリューション
技術的にも機能的にも、SAPアプリケーションは非常に複雑です。 一部のビジネスシナリオをテストする担当者はテスターはテストスクリプトを書くために強力なプログラミング言語のサポートを必要とします。 ビジネステスターを技術的な問題から解放するために、自動化テクノロジが抽象化されています。 ビジネスシナリオのテスト担当者は、テスト対象のSAPアプリケーションのテスト設計とビジネスロジックに時間と労力を注ぐことができます。
TestArchitectは、ビジネスシナリのテスト担当者が最小限のプログラミングサポートでモジュール式で再利用可能なテストを作成するのに役立つ、アクションベースのテスト方法を組み込んでいます。
400以上のプリプログラムされ再利用可能なTestArchitectアクションのライブラリは、テストケースの構成要素として機能します。 これらのアクションを活用することで、少なくとも数週間のコーディングが不要になります。
手動テストは時間がかかり、非効率的です。 テスト自動化なしでは、Continuous Delivery(CD)は不可能です。 TestArchitectを使用するテスト環境では、残りの手動テストは探索的テストのみです。 回帰テスト、End2End統合テスト、機能テスト、スモークテスト、APIテスト、データベーステストなど、他の種類のテストも完全に自動化できます。
MS Team Foundation Server(TFS)、Azure DevOps、Jenkins、Bambooなどの主要なCD / DevOpsツールとの統合。
SAP Fioriアプリケーションは、デスクトップブラウザとモバイルブラウザによってレンダリング方法が異なります。 したがって、クロスブラウザテストは必須です。 自動化ツールの中には、クロスブラウザテストをサポートしていないものがあります。 デスクトップまたはモバイルWebブラウザのどちらで表示されているかにかかわらずSAPビジネスアプリケーションのテストを可能にします。TestArchitectの自動化プラグインは有名なW3C WebDriver標準の上に構築されているため、テストの実行はChrome、Firefox、Safari、Edgeを含むすべてのW3C準拠のブラウザで可能です。
クロスブラウザテストのテスト実行時間を短縮するための並列実行が可能です。
多くの自動化フレームワークにおいて長期的な成功を収めるためには、大規模な自動化スクリプトだけでなく、ソフトウェアアーキテクチャ設計の専門知識も必要です。 この必要なスキルと現存するテスト担当者のスキルのギャップは、SAPビジネスアプリケーション用のテスト自動化ソリューションを展開したい多くの組織にとって大きな障壁となります。 TestArchitectのアーキテクチャは最初からプログラマではなくテスト担当者がスクリプトを書くように設計されています。 Repository Server(バージョン管理付きのテスト資産の保存)、Controller(テスト実行エージェント)、およびDashboard(テストの報告と管理)などのさまざまな機能を備えたコンポーネントがあり、 追加のアーキテクチャー設計は必要ありません。
TestArchitectの包括的なプラットフォームは、私たちのチームが効率的なチームとして成り立つのを助け、チームが一緒にテストスクリプトを簡単に作成、共有、実行、管理することを可能にします。

テストは不可解であってはなりません

テストは不可解であってはなりません

主な機能

  • WindowsおよびWeb上のレガシーSAPGUIのサポートをカスタマイズしました。
  • Chrome、Firefox、Safari、Edgeなど、すべての主要ブラウザにわたるレスポンシブSAP Fioriアプリの個別サポート。
  • SAPUI5およびFioriのWeb要素は、XPath、CSSセレクタ、ID、名前など、さまざまな一般的な手法で認識できます。
  • デスクトップアプリケーションのテスト、Webサービスのテスト、ODBC準拠のDBMSテスト、画像ベースのテスト、PDFテストなどをサポートします。
  • コーディングなしですぐに再利用できるスマート機能を備えた400以上の組み込みアクションキーワード。
  • 直感的なテスト開発IDEは、ビジネスシナリをテストするテスト担当者がアクションキーワードを使用して再利用可能なテスト資産を迅速に構築するのに役立ちます。
  • テスト実行時間を短縮するための並列テスト実行。
  • 自動スクリーンショット記録を使用、分析が簡単なテスト実行レポートが作成可能。根本原因をすばやく見つけることができます。
  • バリエーション処理:状況ごとにわずかに異なるテストを作成する必要はなく、すべてのプラットフォーム、すべてのバージョン、またはアプリケーションの種類で1セットのテストを実行できます。
  • データ駆動型テスト、マルチユーザーテスト、および分散テスト。
  • テスト管理、レポート作成およびダッシュボード。
  • C#、Java、およびPythonを使用した拡張可能な自動化機能。
  • 統合:W3C WebDriver、MS Visual Studio、MS Team Foundation Service(TFS)、Azure DevOps、MSテストマネージャ(MTM)、HP Quality Center、Atlassian Jira、Zephyr、Jenkinsなど。

TestArchitectを使用してSAPアプリケーションを自動化する方法

GUIオブジェクトマッピングの作成

TestArchitectのInterface Viewerを使用すると、テスト担当者はChrome上のWeb要素を検査し、インターフェイスマッピングを作成してそれらを共有リポジトリに保存できます。インターフェイスマッピングの各項目には、特定のWeb要素が変更されたときにテストやアクションのキーワードを更新せずにマッピングを1回で更新できる一意の論理名があります。

Interface Viewer

TestArchitectのInterface Viewerを使用する以外に、POM Builderという新しいツールを使用することもできます。 POM Builderは、ブラウザの拡張機能としてChromeの内部に存在します。 Interface Viewerと比べて軽量ですが、機能はほとんど同じです。

POM Builder

スプレッドシートのようなテスト開発IDEを使ったテストのオーサリング

TestArchitectのインテリジェントテスト開発IDEを使用して、簡単にテストケースを作成・編集できます。エディタはスプレッドシートのようなインタフェースを持ち、ビジネスシナリオを担当するプログラム経験のないQAスタッフにもなじめる環境を提供します。 アクションは、入力するかドラッグアンドドロップでテストエディタに入力できます。 入力が始まると、エディタは選択可能なアクションのリストを表示し、パラメータの選択と、アクションに応じて期待値の選択を提示します。

テストケース

アクションを自動化する

TestArchitectでは、組み込みアクションと他のユーザー定義のアクションを組み合わせることによって、ユーザー定義の「アクション」を作成できます。 テスト担当者は、これらのユーザー定義のアクションを使用してアプリケーション固有のワークフローを構築し、それらを結合してより高いレベルのワークフローを作成します。 次にこれらのアプリケーション固有のアクションがビジネスシナリオテストを構築するための構成要素として機能します。これらのテストが変更されたとき、テスト担当者は膨大なテストスクリプト変更することなく、少数のアクションを更新するだけで済みます。 その結果、アクション数が少し増やすだけど、簡易にテスト数を増大させることができます。

チームベースの自動化

TestArchitectは、さまざまなレベルの技術的/ビジネス的背景を持つすべてのチームメンバーの共同作業の自動化プロセスを可能にします。

ビジネスシナリオのテスト担当者は、テストの作成、テストデータの設計、インターフェイスマッピングのキャプチャ、アプリケーション固有のアクションの作成など、その製品ドメインに関する知識を含むほとんどのタスクをカバーします。テクニカルテスターは、すべてのテスト資産の設計と再利用を促進するためにビジネステスターと連携する重要な役割を果たします。 より技術的なスキルを持つテクニカルテスターは複雑なアクションの実装・TestArchitectのアクションライブラリの拡張、およびTestArchitectのCI / CDパイプラインへの統合を支援します。

TestArchitectプロジェクトでは、一人のテクニカルテスターが5人以上もしくは最大10人〜20人のビジネステスト担当者をサポートできます。

一般的な自動化アンチパターンの回避

  • TestArchitectを使用して、テスト自動化にありがちなテスト設計の失敗を回避します。
  • あまりに細かいテストステップはメンテナンス性を損ないます。
  • GUI要素を識別するために論理名を使用していないため、アプリケーションが変更されたときに大幅なテストスクリプトの更新を余儀なくさせられます。
  • テストの目的が明確ではない。
  • チェックポイントが目的と合致していない。

主な利点

  • ドメインの専門知識の活用:テストチームは自分たちが最も得意とすること、つまりビジネスプロセスから得た専門知識に基づいて自動テストを作成することに集中できます。
  • 保守性:テスト資産はモジュール化されているため、ビジネスプロセスやアプリが変更されたときは、特定のコンポーネントを一度更新するだけで済みます。
  • オートメーションの適用範囲:事実上すべてのテストとアクションは自動化でカバーでき、これらのテストとアクションはプロジェクト間で再利用可能になります。 テスト担当者は、より多くのテストを作成するためにほとんどの時間を費やすことができ、その結果自動化の適用範囲が広がります。
  • 回帰テストの時間とコストを大幅に削減し、アプリケーション全体の品質を向上させます。
  • DevOpsに適合:CD/CIのためのテストを有効にします。
  • マルチプラットフォームSAPのテストを他のプラットフォームと組み合わせます。SAPアプリケーションからWeb、API、デスクトップ、モバイルアプリケーション、さらには画像ベースにまでTestArchitectでカバーできます。

プロフェッショナルサービス

当社のカスタマーサクセスチームは、最高のSAPインテグレーターと提携して、チームを成功に導くために必要なすべてを提供します。 弊社の実績あるプロセスと業界での経験により、お客様のオートメーションスイートを長期にわたって高度にメンテナンス可能な状態に保つため、迅速に稼働を開始することができます。

  • 製品のトレーニングと指導
  • ラピッドスタート支援
  • テストケース開発サービス
  • 自動化の拡張とカスタマイズ

関連情報