Seleniumの自動化テスト

Selenium WebDriverを使用して数十の自動テストケースを作成するのは難しくありません。しかし数百または数千のテストに拡張したり、それをメンテナンスするのは極めて困難ですが、多くの人々にそれが理解されていません。 Seleniumを使用する場合、テストの自動化において保守性が依然として最も困難な問題であることは専門家には確実に認識されている事実です。 Seleniumの自動化を成功させるためには、 テストフレームワークのアーキテクチャをしっかり作成する必要があります。つまり、わずかなUIの変更でテストが中断されることがないようなアーキテクチャである必要があります。 テストは、うまく設計・整理されていなければならず、テストコードは将来のリリースで理解できるものでなければなりません。

なぜロジギアを選ぶのか?

ロジギアは20年以上に渡って最先端のテスト自動化ツール、手法、およびプラクティスを開発および実践してきました。そしてテスト自動化を専門とし、お客様の成功を確実にするためのサービスを提供しています。高品質のアプリケーションを継続的に迅速にリリースすること、テストの自動化でお客様のビジネス競争上の優位を担保するためのご協力をします。

ロジギアのSeleniumの自動化テストサービス

ロジギアでは以下のようなサービスを提供しています。

  • Seleniumでのテストのためのフレームワーク開発
  • Seleniumテストのスクリプト開発及びその実行
  • Selenium フレームワークを外部ツールと統合 例)バグ管理ツールやビルドの自動化など
  • Seleniumのテスト実行とCI/CD/DevOps環境との組み合わせ 例)Sauce labs
  • 複合のSeleniumのテスト 例)web・モバイル・ウエアラブルデバイス・音声デバイスなど
  • WEB、WEBサービス、モバイル、デスクトップ、ERP等の主要テクノロジー、プラットフォームの自動化

成果型サービス

ロジギアのサービスでは、Java / C#/ Python / Ruby / JavaScriptに組み込まれたSeleniumフレームワークを提供、クライアントと密接に連携して特定の問題点を理解し、優れたROIを提供できるオーダーメイドのオートメーションソリューションを作成します。もちろんその提供サービスの中には自動化の専門家による最適なソリューションも含まれています。

  • 自動化戦略 – プルーフオブコンセプト (POC): ロジギアのコンサルタントは、既存のテストプロセス、テストスイート、およびテスト実行インフラストラクチャを監査して、Seleniumの自動化などを実装および拡張するためのロードマップを確立します。
  • フレームワーク:ロジギアはJava / C#/ Python / Ruby / JavaScriptで事前に構築されたお客様固有のフレームワークをカスタマイズすることができます。
    Seleniumの専門家:当社のSeleniumテスターはSDET(Software Development Engineer in Test)も多数在籍しています。彼らは、Java / C#/ Python / Ruby / JavaScriptを使用してSeleniumテストを書くことを専門としています。SDETを柔軟に活用した強力な技術的背景により、テスト自動化の取り組みをAPIテスト、負荷テストまたはDevOpsプロセスのサポートに拡大できます。
  • スケーラビリティ ・保守性:テスト設計は、スケーラブルで保守可能なオートマトンプログラムを構築する上で最も重要な要素の1つです。事業部門のプロジェクト全体で最適な再利用性と保守性を確保するために、テスト設計のベストプラクティスを採用しています。
  • 自動化のベストプラクティスの推奨:当社のコンサルタントは、お客様との効果的なコミュニケーションによって生産性の向上、ポストプロダクションの問題の軽減、再利用可能な成果物の作成、およびテスト改善のためのベストプラクティスを推奨、実装します。また将来の使用のために既存の成果物を作成または拡張し、機能横断型トレーニングのためのナレッジリポジトリーを作成することも可能にします。
  • テスト実行: VM、Dockerコンテナ、またはSauce Labなどのクラウドベースの仮想化サービスを使用して回帰テストを実行できます。これらの自動テストケースをテストチームに渡してテストを実行することも可能です。
  • メンテナンス・サポート:自動化されたテストスイートを必要に応じて維持するために社内のチームをサポートすること、社内でこれを実現するためのベストプラクティスを提供することもできます。

事例