ソフトウェア開発はもう特別なものではありません。必ずしも日本で特別な・優秀な開発者を雇い開発する必要はあるのでしょうか?ロジギアでは品質を重視した安価な開発を提供しています。その開発では3つのことを重視しつつ、お客様にとってリーズナブルなソリューションを提供します。

現在日本のソフトウェア開発の問題点は2つあると考えます。

オフショアでの問題点

  • 日本側のリクエストがオフショア側、に実は伝わっていなかった

  • テストをせずにリリースされ、テストそのもののやり方がわからないため、品質が常に低い

    上記の問題はインド・中国・ベトナムのどこのオフショアでもある問題です。されに言えば日本側での開発スタイルの問題もあります。

    • 設計やアーキテクチャードキュメントを書かずに、常に口頭で伝えようとする
    • 英語力の低さ
    • 文化的差異の認識不足

    ロジギアのソリューション

    上記のオフショア特有の問題を認識し以下のソリューションをロジギアは推奨します

    • テストしやすい=品質が担保される、アーキテクチャーを明確に持つ。
    • テストを行う(当然ですが)、品質保証を生業とする会社の開発です。ベストな品質の製品を開発します。
    • リーゾナブル価格でオフショアで開発する

    ソリューションを支えるプラットフォーム/

    ロジギアは一部上場企業のデジタルハーツの関連会社です。そして日本での多くの製品の品質保証を行ってます。ジャパン品質を鑑みソフトウェア開発を行います。

    500人を超えるITエンジニアがホーチミンで働いており、ホーチミンでは最大級の日系IT企業です。数多くの日本のプロジェクトが日々行われています。
    パソナテックベトナムとの協業により、さらに人材供給力が強力になりました。ホーチミンでの日系No. 1オフショア企業として、お客様に高品質であり、リーゾナブルな開発を提供していきます。

    関連Web