Jenkinsは、ソフトウェア開発で繰り返し可能なタスクを制御する継続的インテグレーション(CI)ツールです。このガイドをチェックして、TestArchitectがJenkinsとシームレスに統合し、自動テスト用のCI環境を確立する方法を確認してください。

継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)の人気が高まるにつれ、継続的テスト(CT)が話題になりつつあります。包括的なテストがスムーズに実行されていることを知ることは、CI / CDパイプラインにとって非常に有益です。ただし、テストの実行には時間とリソースの両方がかかる可能性があります。テストが退屈で厳格になる可能性があることは言うまでもありません。 CI / CDの反復特性を使用し、それらをテストに適用することは、これに対処する方法になる可能性があります。

継続的インテグレーション(CI)の重要なコンポーネントは、潜在的なバグが開発プロセスに導入されるとすぐにそれをキャッチするための自動テストを頻繁に実行することです。 CIソフトウェアのライフサイクルには、コーディング、ビルド、テスト、およびバグ修正のプロセスが含まれ、多くの場合、1日に数回の反復が行われます。

ほとんどのCIシステムでは、この循環プロセスの多くを自動化できます。コードコミットを設定してソフトウェアビルドをトリガーし、ビルドの完了で自動テストをトリガーし、テスト結果を迅速にコンパイル、処理、レポートして、バグに対処できるようにすることができます。コーディングプロセス。

TestArchitectは、ツールがコマンドラインインターフェイス(CLI)をサポートしている限り、すべてのCI / CDツールとの統合をサポートします。

TestArchitectとJenkins の統合方法

Jenkinsは、Javaベースのオープンソースの継続的インテグレーション(CI)ツールであり、ソフトウェア開発で繰り返し可能なタスクの実行を制御および監視します。 TestArchitectは、JenkinsベースのCI環境に簡単に統合できるようにする機能を統合しました。

TestArchitectが統合された典型的なJenkinsベースのCI環境には、次のコンポーネントが含まれます。

SVNやCVSなどの共通のソース管理サーバーを備えたソフトウェア開発ワークステーション。
CIプロセスを管理するためのJenkinsマスターサーバー。
1つ以上のテスト実行マシン。各マシンは、TestArchitectコントローラーとJenkinsスレーブの両方としてセットアップする必要があります。
TestArchitectがインストールされている少なくとも1台のマシン:
TestArchitectクライアントでのテストの開発を許可します。
テストモジュールや結果などのテスト関連のプロジェクトアイテムのリポジトリを提供し、
テストコントローラーの実行バッチファイルを生成します。
TestArchitectはJenkinsスレーブにインストールできますが、Jenkinsマスターにはインストールできないことに注意してください。

バッチファイルの生成

TestArchitectとJenkinsサーバー間の接続を確立するには、実行されたテストモジュールを含むバッチファイルが必要です。

1.実行するテストモジュールまたはテストフォルダーを選択し、ツールバーの[実行]をクリックします。

2. [テストの実行]ダイアログボックスで、[詳細設定]タブをクリックします。

3. [結果をxUnitにエクスポートする]チェックボックスを選択します。

4.クリックして、XMLファイルを保存するパスを指定します。

 

5. [開く]ダイアログボックスで、Jenkinsスレーブワークスペースへのパスを指定します。

    ノート:
    – Jenkinsマスターマシンは、スレーブマシンで実行されたジョブを制御および監視する役割を果たします。
    – Jenkinsスレーブマシンはジョブの実行を担当します。
6. [開く]をクリックします。

    指定したインストールパスが[インストール先フォルダーの選択]テキストボックスに表示されます。
7. [バッチファイルの生成]をクリックします。

    バッチファイルの作成完了メッセージが表示され、バッチファイルの作成が成功したことが通知されます。

バッチファイルのインポート

  1. Jenkinsダッシュボードで、[NewJob.asd]を選択します
  2. ジョブ名を入力し、プロジェクトカテゴリを選択します。

3. [OK]をクリックします([構成]ページが表示されます)

4. [ビルド]セクションで、[ビルドの追加]ステップをクリックします。

5.ドロップダウンリストで、[Windowsバッチコマンドの実行]を選択します。

6. [コマンド]テキストボックスにバッチファイルへのパスを入力します。

  • :バッチファイルは、Jenkinsマスターマシンに保存する必要があります。生成されたバッチファイルをJenkinsスレーブマシンにコピーして、Jenkinsマスターマシンに貼り付ける必要があります。

 

7 [ビルド後のアクション]セクションで、[ビルド後のアクションの追加]をクリックします。

8.ドロップダウンリストで、[JUnitテスト結果レポートの公開]を選択します。

9. [テストレポートのXML]テキストボックスに* .xmlと入力して、テストモジュールの実行に関連するすべてのXMLファイルを選択するように指定します。

10. Saveボタンを押す